• ホーム
  • 育毛の道具と第一類薬品との違い

育毛の道具と第一類薬品との違い

薄毛を改善するための方法はいくつかあります。
ひとつは道具を利用するものともうひとつが育毛剤を使うといったものです。

薄毛の原因としては頭皮環境が悪化し血行が悪くなることで発生すると考えられています。
このため薄毛を改善するためには血行を良くし毛根細胞を活性化させるのがポイントになります。
そのため、どちらの場合も基本的には頭皮の血行を良くするということに重きが置かれています。

道具を使った育毛としてスタンダードな方法としては、ブラシによるブラッシングによる刺激が一般的です。
ブラッシングの道具に関しては、機械仕掛けのものが中心で、ブラシを回転させたり、またレーザーによって刺激するといったものなどがあります。
値段は数千円から数万円程度までさまざまですが、消耗品ではないため継続的に利用することができます。

一方で、育毛剤は頭皮に塗布することで血行をよくするというものになりますが、道具以上に種類が多くあります。
しかしこの中でも第一類薬品のものは市販薬の中でも発毛効果が認められているものとなっています。
第一類薬品の育毛剤として大正製薬のリアップがあります。
またこのほかにも第一類薬品の育毛剤としては、森下仁丹のペレウス、 啓芳堂製薬のミクロゲン・パスタがあります。
また第二類医薬品では、第一三共ヘルスケアのカロヤンなども有名です。
また第三類や医薬部外品の育毛剤も多数あり、また指定されていない育毛剤も多くあります。
育毛剤の場合には道具と異なり消耗品であり、また効果が認められているのは第一類薬品のみとなりますが、そのほかのものでも、まったく効果がないわけではなく塗布することで薄毛が改善するケースも多くあります。