• ホーム
  • 日本医療毛髪再生研究会とミノキシジルは頭髪が伸びる

日本医療毛髪再生研究会とミノキシジルは頭髪が伸びる

日本医療毛髪再生研究会は最近注目されている注射による薄毛改善方法になります。
毛乳頭を含めた頭髪に必要な細胞を回復させ、そして頭髪は生えない、または伸びない抑制因子を抑える効果があります。
細胞を活発させて新しい血管を新生させることで、頭髪が増える環境を整えることに貢献します。
この治療は日本医療毛髪再生研究会が提唱しており、長年の研究から編み出された施術です。

日本医療毛髪再生研究会によると効果は個人差があり、1回の施術ですぐに効果を示す人もいますが、2回3回といった施術で効果ができる人などまちまちです。
またどんな薄毛治療にも同じことが言えますが、長年の薄毛で毛根が塞がれていることが長く続いているような状況の人には効果がないこともあります。
その点はミノキシジルと同じ条件になるでしょう。

ミノキシジルも日本医療毛髪再生研究会と同じような効果があります。
ミノキシジルの効果で多く知られているのが、血管を拡張させることで発毛し、伸びることに貢献することですが、それ以上に休んでいる毛乳頭を含めた細胞を活発化させる効果がミノキシジルにあります。
発毛剤としてよく使われるミノキシジルですが、頭髪が伸びるという育毛の観点もあります。
だと言っても、脱毛原因になる男性ホルモンの抑制をしなくても良いというわけではありません。

男性ホルモンを抑制する効果があるフィナステリドとミノキシジルはセットで考えて使うと良いでしょう。
頭髪を健康的に強く太く伸びることに効果がある育毛と生えていない毛根から、頭髪を生やす育毛があってこその薄毛改善方法になります。
また日本医療毛髪再生研究会のような薄毛改善方法もありますので、選択肢はたくさんあることになります。